断捨離とはどういう意味?言葉の定義と断捨離の具体的な方法を教えます【行動が大事】

断捨離をしたい人「部屋を片付けたいから断捨離しようかな~。でもどうやって片付けたらいいんだろう。そもそも断捨離って物を捨てることだよね?あれ、本来はどういう意味使われてるんだ?てか断捨離って具体的に何をすればいいのかわからないよ~。」

こんな疑問に答えます。

 

本記事の内容
・断捨離の意味

・断捨離の具体的な方法

 

こんにちは、ミニマリストはや(@minimalist_HAYA)です。

 

「断捨離」という言葉を聞いたことがある人は多いと思います。
よく、部屋をキレイにする断捨離術!なんてテレビでやってますよね。

ゴミ屋敷同然の部屋が、断捨離によってキレイな部屋に大変身するさまを見ると私もやってみたい!と思ってしまいます。

 

そこで今回は、断捨離の意味と、そもそも具体的に何をすればいいのかをご紹介していこうと思います。

断捨離とは:意味

モノへの執着を捨て不要なモノを減らすことにより、生活の質の向上・心の平穏・運気向上などを得ようとする考え方のこと。

~中略~

断捨離はヨガの「断行・捨行・離行」から生まれた言葉で、「断」は入ってくる要らないモノを断つこと、「捨」は家にあるガラクタを捨てること、「離」はモノへの執着から離れることを表す。

出典:コトバンク

つまり断捨離とは、モノの執着を捨て、人生をよくしていこうという考えです。

そのための方法として、

入ってくる不要なモノを

不要なモノを

モノに対する執着かられる

という方法をとっていくことが、断捨離の本来の意味ということですね。

ただ単に、物が多いから捨てよう、という考えではないということです。

また、それぞれに「行」という文字があります。
これは、「行動」という意味であり、断捨離は実際に自分で行動しないと意味がないということです。

断捨離とは、ただモノを捨ててキレイな部屋を手に入れることではありません。
自分自身の生活の質を向上させたり、心の平穏、運気上昇など、人生をより良くするために行うのです。

それを手にするためには、他人に任せるのではなく、自分自身が行動しなくてはいけません。

ミニマリストとはどんな人?なぜ物を減らすのか実態について説明します。【病気じゃないよ】

2019.09.06

断捨離の具体的な方法


断・捨・離の3つのステップに分けて説明していきます。

断捨離の具体的な方法「断」


断とは、入ってくる要らないモノを断つことです。

つまり、第一ステップは「不要なモノを買わない」ことです。

 

結論から言うと、モノを買うときに、

このモノは、具体的に自分の人生にどんなプラスをもたらしてくれるのか

を考えましょう。

 

家が不要なモノで溢れている原因は、自分が不要なモノを買ったことが原因です。

なので、いくら掃除をしてキレイな部屋を手に入れたとしても、不要なモノを買う自分を変えなければ、部屋はまたモノで溢れかえってしまいます。

 

例えば、タオルを買おうとします。購入する理由はなんでしょうか。
「安いから」「お得だから」「とりあえず」というような理由では、買った後にすぐ不要なモノになってしまいます。

ここで、自分の人生にどんなプラスをもたらしてくれるのか、具体的に考えます。

「肌触りが柔らかくて洗顔後に肌のダメージなく顔を拭ける」
「洗濯してもすぐ乾くから干す時間を短縮できる」

それぞれ「美容」と「時間」で人生にプラスの働きをしてくれます。

タオルは究極的には、水分を拭ければタオルとしての仕事は全うしてくれています。
本来の用途に加え、付加価値としてどんなプラスがあるのかを考えると、自然と無駄な買い物はしなくて済みます。

ここで気をつけるのが、他人の評価を考えないことです。

例えばあなたが10万円で高級バックを買ったとします。
買った理由が「質が良いので3年は使える」や「デザインが素敵で毎日使っているだけで気分が上がる」といった理由なら、10万円も出して買う価値は十分にあると思います。

しかし、その理由が「他人に羨ましく思われる」「自分は10万円のバックを買えるくらいお金があることをアピールできる」などの他人を軸とした考えは良くないです。

そんな理由で買ったモノは、時間と共に使わなくなっていき、結果不要なモノとして扱うことになります。

 

なので、モノを買うときには、具体的に自分の人生にどんなプラスをもたらしてくれるのかを考えることによって、不要なモノを断ちましょう。

【ミニマリスト】自分にとって本当に必要なモノを見極める方法

2019.09.10

断捨離の具体的な方法「捨」


入ってくる不要なモノを断つことが出来たら、次は第二ステップ「捨てる」です。

「捨」とは、家にある不要なモノを捨てることです。

 

モノを捨てるか捨てないかの基準は、捨てたとして、また買い直したいかです。

本当に自分に必要なモノであれば、手放したとしてもまた手に入れたいと思うはずです。
そう思わないものは、自分にとってどうでもいいモノとなります。

つまり、不要なモノということです。

判断基準が明確になったところで、早速捨てよう!という意気込みは素晴らしいです。

しかし、まず判断するのは、捨てようと何となく思っているモノではなく、
自分が必要だと思っているモノから判断してみてください。

 

断捨離をするとわかるのですが、家の中にあるモノは圧倒的に要らないモノの方が多いです。

パレートの法則というものをご存知でしょうか。
会社を例に出すと、全売上の8割は、全従業員の2割で生み出しているという法則です。

つまり、生活の8割の部分は、2割のモノによって支えられてるわけです。
生活に必要なモノは、今ある20%のモノで大部分を賄えているということなんですね。

なので、まずは必要だと思う20%のモノに対して、
これは捨てたら買い戻したいだろうか?」と自問自答するのです。

そうした方が、捨てる判断に疲れて途中で投げ出す可能性も少なくなります。

そして、自分が思う必要なモノが無くなれば、あとは自動的に不要なモノだとわかるため、
効率的に捨てることができます。

 

ちなみに私は、「迷ったら捨てる」という基準で断捨離しています。

本当に必要なモノは、捨てようかな?とそもそも思わないからです。

【断捨離】ミニマリストが教える物を捨てる時の優先順位

2019.08.31

断捨離の具体的な方法「離」


最終ステップです。

「離」とは、モノへの執着から離れること

 

モノへの執着から離れる方法は、

必要だと思っていても、あえて手放してみるです。

手放すといっても、実際に捨てるのではなく、
試しにどこか押入れにでも隠しておき、数日使わないようにします。
どうしても必要になる場合は、取っても大丈夫です。

そして、1週間経っても使わないでいたモノがあれば、それは手放しても大丈夫なモノです。
なぜなら、あなたは1週間そのモノがなくても生活できているからです。

必要だと思っているモノ

これが無いとダメだと思っているモノ

長年愛用しているモノ

そうした無意識に働くモノへの執着をあえて手放してみることで、
本当に必要なモノなのかどうかが見えてきます。

 

私は今まで必要だと思い、執着していた冷蔵庫を22歳の時に処分しました。
22年間必要だと思い込んでいた冷蔵庫をあえて手放してみると、まったく生活に問題がなかったのです。

むしろ、「買ったけれど賞味期限が切れて捨ててしまう」といった事がなくなり、
逆にメリットが生まれました

電気代も、無駄なスペースも、引っ越しの手間も無くなりました。

 

おいおい、冷蔵庫がなければ料理できねぇだろ!という意見もあるはずです。

私は基本料理をしないので、冷蔵庫がなくても生活できます。
たまに料理がしたい時には、必要分を近所のスーパーで買ってきて当日中に使い切ればいいのです。

冷蔵庫の例はあくまで私の場合です。
子供を持つ母親など、冷蔵庫は必須アイテムだと思います。

 

ようは、執着しているモノをあえて手放してみると、思わぬメリットを発見する事ができるのです。
そして、むしろモノが無い方が生きやすいことに気付けるのです。

逆に、やっぱりこれが無いと生活できない!というモノももちろんあります。

そういう必要なモノは、無理に手放す必要はありません
今後もより一層大切にしていけばいいのです。

【ミニマリズム】「足るを知る」は大事だが、「足りないを知る」ことも大切という話

2019.08.30

断捨離のまとめ

断捨離の意味
・断=入ってくる要らないモノを断つこと

・捨=家にある不要なモノを捨てること

・離=モノへの執着から離れること

具体的方法
・断=自分の人生にどんなメリットがあるかを具体的に考えてから買う

・捨=「捨てたとして、また買い直したいか」を基準にして捨てる

・離=「必要だと思っていても、あえて手放してみる」ことで、モノへの執着を離す

 

冒頭でも説明しましたが、断捨離は実際に自分で行動しないといけません
他人に任せていては、意味がないことです。

まずは、行動という第一歩を踏んでみてください。

そこからすべてが始まります。

 

断捨離はモノを手放す際によく用いられる言葉ですが、
応用すれば人間関係や日々の習慣などにも使える考え方です。

この記事を参考に、みなさんの人生が少しでも豊かになっていただけたのなら、こんなに嬉しいことはありません。

 

ここまで読んでいただき、ありがとうございました。

ミニマリストに目覚めて約1ヶ月!現在のお部屋紹介!

2019.01.18

ABOUTこの記事をかいた人

はや

埼玉の小さな部屋で暮らすミニマリスト。 モノクロ色が好きです。 当ブログでは、「ミニマリストのライフスタイル」「おすすめ商品・サービスの紹介」「個人で稼ぐ方法」を軸に発信しています。