目指せミニマリスト!整理がもたらす3つの効果と具体的方法

こんにちは、ミニマリストはや(@minimalist_HAYA)です。

 

皆さんの部屋はキレイですか?

床や机の上に一面に、物が溢れかえってはいませんか?

 

そうした部屋より、整理整頓されたキレイな部屋で生活する方が、毎日気分良く過ごせると思います。

そこで今回は、整理がもたらす効果と、具体的な方法ついてご紹介していきます。

本題に行く前に、そもそも「整理」って何?


本題に行く前に「整理」という言葉の意味についてご紹介します。

整理とは

1.乱れた状態にあるものをかたづけて、秩序を整えること。

2.不必要なものを取り除くこと。

引用:大辞林 第三版

生活に不必要なものを取り除く

これが整理の本質です。

ただ単に、部屋を綺麗に整頓することではありません。

目指せミニマリスト!整理がもたらす3つの効果


整理がもたらす効果は3つ。

①時間的効果

②金銭的効果

③精神的効果

です。順に解説します。

 

①時間的効果

無駄な時間が無くなり、自由に使える時間が増えます。

 

不必要なものを取り除くことで、そのものにかけていた時間が無くなるからです。

 

「探し物」が代表的な例ですね。

整理を怠り、部屋が不必要なもので溢れかえっていた場合、探し物には時間を要します。

 

例えば、1日に5分探し物をするとしたら、1年で30時間以上探し物をしている計算になります。

これを少ないと感じる人もいるかもしれませんが、15分勉強する人と、探し物をする人とでは、長期的に見ると大きな差が生まれてきます。

 

整理を怠ると、こんなにも無駄な時間と損失が発生します。

しかし、一度やってしまえば、まったくしなくなるものです。

 

②経済的効果

無駄遣いや二度買いがなくなり、金銭面で余裕が出てきます。

 

無駄遣いや二度買いをする原因は、家が不要なもので溢れているので、自分が何を所有しているのかわからないのです。

 

・セールで安かったから買ったけど、使わなかった

・漫画の新刊を買ってきたら、既に持っていた

不必要なもので溢れかえった生活をしていると、こういう無駄なことが起きます。

 

自分で必要なものを判断できないから、無駄遣いをしてしまう。

不要なものが多すぎて管理ができないから、二度買いをしてしまう。

 

整理を行うことで、これらの無駄がなくなり、浮いたお金を他に回すことができます

 

③精神的効果

余計な思考や不安がなくなるので、ストレスなく生活ができます。

 

不必要なものに割く考えがなくなるので、今やるべきことに集中できます。

 

友達と遊びに行く時に、探し物が見つからなかったら、気になって楽しめませんよね。

買い物の時も、「これって家にあったっけ?」とわからずに不安になってしまいます。

 

一つ一つは小さなことかもしれませんが、塵も積もれば山となる。

積もりに積もった精神的ストレスという山が、何かの拍子に噴火してしまうかもしれません。

 

そうならないためにも、整理することは大切なことです。

【断捨離】ミニマリストが教える物を捨てる時の優先順位

2019.08.31

目指せミニマリスト!整理の具体的方法


整理は、3つのステージに分けられます。

Stage1:必要なモノと不必要なモノがある状態

Stage2:必要なモノだけある状態

Stage3:必要なモノを用途ごとに分けた状態

 

徐々にステージを上げていくことで、暮らしやすい環境が整ってきます。

 

Stage1:必要なモノと不必要なモノがある状態

整理がされていない、初期の状態です。

 

部屋の中には、必要なモノと不必要なモノで溢れ、どこに何があるか自分が理解出来ていないのです。

 

このステージの目標は「不要なものを手放す」です。

 

部屋が整理されていない状態で長く生活していると、自分にとってどれが必要なモノで、どれが不必要なモノなのかの判断が付けられません。

不要なモノの判断基準は、「今後使う明確な予定があるかないか」です。

使う予定が無いモノは、手放してしまっても大丈夫です。

 

「いやいや、いつか使うかも知れないから取っておいた方がいいでしょ!」という意見があるかもしれません。

しかし、そうそう使う時は訪れません。

いつ必要になるかわからないものを所有し続けていたら、いくらスペースがあっても足りません。

そして、万が一必要な時が来たとしても、大量にあるモノの中から探し出すことは困難です。

もし見つけたとしても、長年保管しているので壊れているかもしれません。

 

万が一の時の為に保管していても、管理や維持費がかさむだけです。

必要になる時に備えて取っておくのではなく、必要になったら買えばいいのです。

 

なので、まずは使う予定の無いものを手放すことから始めましょう。

それだけでもまずは、「お部屋」から「人を招ける部屋」にランクアップすることができます。

 

Stage2:必要なモノだけある状態

使う予定の無いモノを手放した状態です。

 

次の目標は「使うものを用途ごとにまとめる」ことです。

 

まずは、「今使っているモノ」と「今後使う予定のあるモノ」に分けます。

今後使う予定のあるモノは、使用用途に合わせて保管しておきましょう。

水着や浮き輪、パラソルなどは「海水浴」という括りでまとめる、といった感じです。

普段使わないモノなので、押し入れやクローゼットの奥に入れておきましょう。

 

そして、今使っているモノも用途ごとにまとめます。

 

・入浴時使うものシャンプー・リンス・ボディソープ・洗顔料・タオルなど

・料理で使うもの食器・調理器具・調味料・食器用洗剤など

・洗濯で使うもの衣類用洗剤・柔軟剤・ハンガー・アイロンなど

まとめたらそれぞれ使う場所に保管します。

 

当たり前と言ったら当たり前のことですね。

キッチンにシャンプーを置いたり、洗濯機の横にフライパンを置いたりしませんよね。

 

モノは用途ごとにまとめ、最短距離で使える場所に置くことがベストです。

 

Stage3:必要なモノを用途ごとに分けた状態

この状態になれば、もう整理は完了です。

 

モノの使用目的と使用場所がマッチし、どこに何があるかわかるようになりました。

 

一度この状態になってしまえば、不必要なモノなどの異物をすぐに察知できるようになります。

そして、今まででは考えられないスピードで異物を排除できるようになるのです。

 

この状態を維持していくことで、整理が及ぼす3つの効果を実感することができ、快適で暮らしやすい生活を実現できるのです。

【ミニマリスト】自分にとって本当に必要なモノを見極める方法

2019.09.10

まとめ


生活する上で、モノとは必ず向き合わなくてはいけないことです。

 

きちんとモノと向き合わないと、モノは私たちからたくさんのモノを奪っていきます。

 

そうならないためにも、「整理」という方法でモノと向き合い、きちんと考えていかなくてはなりません。

整理によってもたらされるメリットは、計り知れないのですから。

 

この記事が、あなたの生活に少しでも役に立てたのなら幸いです。

 

ここまで読んでいただき、ありがとうございます。

整理収納アドバイザー2級認定講座に参加してみた感想【申込〜受講完了まで解説】

2019.09.22

ABOUTこの記事をかいた人

はや

埼玉の小さな部屋で暮らすミニマリスト。 モノクロ色が好きです。 当ブログでは、「ミニマリストのライフスタイル」「おすすめ商品・サービスの紹介」「個人で稼ぐ方法」を軸に発信しています。