ネガティブなレッテルを剥がし、ポジティブな思考になる方法【小さな成功体験を重ねる】

ポジティブ思考になりたい人「何かを始めたいけど、どうせ自分なんて無理だよなぁ。今までだって途中で投げ出しては、やり遂げられない自分に失望してきたもんな。これ以上自分に失望したくないけど、どうしたらポジティブに考えられるんだろう。」

こんな疑問に答えます。

 

本記事の内容
・自分に貼ったレッテルの見つけ方

・ポジティブな思考になる方法

 

こんにちは、ミニマリストはや(@minimalist_HAYA)です。

「自分には無理」「自分はこういう人間だから」とネガティブなレッテルを自分に貼ってしまい、
やりたい事があっても諦めてしまう人は多いと思います。

そこで今回は、自分に貼ったネガティブなレッテルを剥がし、
ポジティブな思考になれる方法をご紹介しようと思います。

ネタバレで先に結論を言ってしまいますと、
「肯定的な言葉を使って、小さな成功体験を積み重ねると、ポジティブな思考になれる」です。

自分に貼っているレッテルの見つけ方


あなたは自分にどんなネガティブなレッテルを貼っていますか。

レッテルの見つけ方は、簡単で

・どんなお金の使い方をしているか

・どんな時間の使い方をしているか

・どんな人達と付き合っているか

この3点を深掘りしていくとわかります。

①お金の使い方

あなたはどんなお金の使い方をしていますか。

ネガティブな考えだと「無駄遣い」が挙げられます。

 

無駄遣いが多い人は、

「どうせ私は無駄遣いをしてしまう人」

「少しくらい無駄遣いをしてもいいと思っている人」

というレッテルを貼っています。

 

また、買い物の内容がセール品などの安い物ばかりだとしたら、

「私は安い物を買うのが好き」というレッテルを貼っています。

【ミニマリストが教える】後悔しない賢いお金の使い方3選

2019.08.23

②時間の使い方

あなたはどんな時間の使い方をしていますか。

勉強をしようと思っていても、ついついYouTubeをみてしまう人は、
「やるべきことをそっちのけで違うことをやってしまう人」というレッテルを貼っています。

仕事で成果を挙げるんだ!と言いつつ、喫煙に行っている時間が長い人は、
「仕事の成果より、タバコが大事」というレッテルを貼っているのです。

 

③付き合う人

最後のどんな人達と付き合っているか。

周りと比べることで、自分のレッテルを客観的に見つけられます。

 

アメリカの起業家・ジム・ローンという方がこんな言葉を残しています。

「あなたはもっとも多くの時間をともに過ごしている5人の平均である。」

自分とよく一緒に過ごしている身近な5人を思い浮かべて下さい。
もしその5人が、いつも愚痴やネガティブな発言ばかりしている人なら、あなたもそのはずです。

いくら自分が頑張ろう!挑戦してみよう!と思っていても、5人の平均に吸い寄せられてしまいます。

 

レッテルは日々の習慣によって貼られる


自分にどんなレッテルを貼っているのかは、なんとなくわかったと思います。

では、なぜそんなネガティブなレッテルを貼ってしまっているのか。

それは、日々の習慣によるところが大きいです。

レッテルを生み出しているのは、
日々の習慣

習慣を生み出しているのは、
日々の行動

行動を生み出しているのもは、
日々の思考

思考を生んでいるものは、
日々発する言葉

レッテル習慣行動思考言葉
という流れです。

つまり、日々発する言葉をポジティブにすれば、
自然とポジティブなレッテルに貼り替えることが出来るのです。

 

肯定的な言葉を使う


言葉には、肯定的な言葉と否定的な言葉があります。

肯定的な言葉=ポジティブな言葉と言ってもいいかもしれません。

 

例えば、あなたが痩せたいと思っています。
その時に、甘いものが食べたくなってしまいました。
もちろん、痩せるためには甘い物を食べちゃダメだとわかっています。

この時に、

甘いものを食べないようにしよう

なのか、

サラダをいっぱい食べよう

なのか。

前者が否定的で、後者が肯定的です。

 

ダイエットに失敗する人は、食べないとようにしよう、食べないようにしようと
何度も頭の中で食べている自分を想像してしまうので、結果、食べてしまいます。

そうすると、我慢ができない自分に対して、
やっぱり自分はダメな奴なんだ」とネガティブ思考になってしまいます。

 

逆に後者の方法は、食べることを肯定しています。

そもそも、「食べる」という行為自体は良いも悪いもありません。重要なのは、食べる物です。
なので、甘いものを想像するのではなく、初めから食べても問題ないサラダを思い浮かべるのです。

すると、サラダを食べて、甘いものを食べなかった、という結果になります。

 

「いやいや、私はどうしても甘いものが食べたいんだ!!サラダなんて物は想像できねぇ!!」という方は、「10分我慢したら食べよう」と考えるのがおすすめです。

不思議なことに、食べたいと思っていても、10分我慢すると食べたくなくなってしまいます。

もし食べてしまったら、ダイエット的にはマイナスですが、
メンタル面では初めから「食べよう」という肯定をしているため、ネガティブ思考になりません。

 

小さな成功体験を積み重ねる


肯定的な言葉を使っていると、小さな成功を積み重ねることができます。

この小さな成功を積み重ねることによって、「どうせ自分なんて」というレッテルから、
「自分はできる!」というレッテルに貼り替えることができるのです。

 

逆に、否定的な言葉を使っていると、小さな失敗を積み重ねることになり、結果、「どうせ自分なんて」というレッテルにつながります。

どちらの言葉を発していけば、ポジティブな思考になるかはわかったと思います。

 

一番最初にも言いましたが、まとめると

肯定的な言葉を使って、小さな成功体験を積み重ねると、ポジティブな思考になれる

です。

 

人間は生きていたら何度も失敗します。
その失敗をどう捉えるかで、人生の生きやすさというものが変わってくると思います。

 

ここまで読んでいただき、ありがとうございます。

【行動できないあなたへ】「すぐやる人」が実践している習慣5選

2019.08.21

ABOUTこの記事をかいた人

はや

埼玉の小さな部屋で暮らすミニマリスト。 モノクロ色が好きです。 当ブログでは、「ミニマリストのライフスタイル」「おすすめ商品・サービスの紹介」「個人で稼ぐ方法」を軸に発信しています。