サボりたい時はサボってもいいと思う話【時間を決めてサボる】

こんにちは、ミニマリストはや(@minimalist_HAYA)です。

 

今日だけはサボりたい
こんな日もたまにはあると思います。

まさしく今日、私がそうでした。

 

しかし、そんな日は潔く「今日はサボる日です!」と自分で決めると、
心が少し軽くなったので、その理由を紹介しようを思います。

そもそもなぜサボってしまうのか


結論から言うと、「楽をしたいから」ですよね。

 

本来やるべきことをやらず、楽をするために、
人間は「サボる」と言う選択肢を取るのです。

・数学の授業だるいなサボろ。

・掃除しなきゃでもめんどくさい今日はサボろう。

・次の営業先の時間まで1時間あるな満喫でサボるか。

普段はこんな感じのシチュエーションでよく使われていますよね。

 

数学の授業は受ければ知識になりますし、掃除もすれば部屋がピカピカになって気持ちいい。

次の仕事まで時間があるなら、プレゼンの練習や資料チェックを直前まで行えば、
商談がうまくいく確率が上がります。

やればやっただけのメリットがあるはずなのに、何故人はサボってしまうのか。

 

それは、後の大きな利益より、目先の小さな利益を選んでしまうからです。

 

授業をサボれば、1時間は自由な時間が手に入ります。

しかし、ちゃんと授業を受けていたら、
それが自分の知識となって進学や就職に有利に働くかもしれません。

目先の「楽をしたい」という理由を優先してしまい、後々の未来を想像できていないのです。

 

だから世間では、サボることは「バカのやること」「悪いこと」という認識になっているのです。

 

サボることって悪いことなのか


一概にはサボる=悪とは言えません。

 

日本人はこの考えに支配され、命を落とす危険もあります。

 

代表例が、ブラック企業ですね。

仕事が出来ていない=私はサボっている=悪

こんな考えに縛られてしまい、仕事優先で自分自身の体調を後回しにしてしまいます。

結果、体や心を病んでしまい、鬱や精神疾患を発症してしまうというケースは多いですよね。

こう考えると、楽をする(サボる)ことは決して悪いことではありません。

 

サボらずに仕事をして1年で病んで退職より、適度にサボりつつ、定年まで仕事を続ける方が、
本人にとっても会社にとってもいいに決まっています。

もちろん、「なんとなく」でサボることはいけないことだと思います。

明確な楽をする理由(体を休める等)があれば、私は構わないと思います。

 

むしろ、こうした柔軟な考えを持っておくと、人生が生きやすくなります。

仕事は他の人でも出来ますが、自分の人生は自分にしか出来ませんよ。

 

サボることに罪悪感がある場合


結論から言うと、「今日はサボる日です!」と自分で潔く認めましょう。

 

惰性でサボってしまうと、「自分は出来ない奴だ」とネガティブになってしまうので、
自らが決めた最善の選択ということを脳に認識させましょう。

 

自分が決めたことなら、罪悪感を感じつつも自分に肯定感が生まれるため、納得できます。

自分が決めたのだから、今日は思いっきりサボりましょう。

ここで中途半端にサボると、自分の決断に自信がなくなってしまい、かえって罪悪感が膨らみます。

サボるならとことんサボりましょう。

 

私は自分に「毎日19時にブログを更新する」というルールを課してます。
毎日更新することで継続力とライティング力が付き、自分に自信が持てるからです。

しかし、今日(9/23)は自らサボる日と決めたので、19時に更新していません。
思いっきり家で寝てました笑

確かに、自分で決めた19時更新が出来なくて罪悪感は感じています。
しかし、「今日はサボる日!」と自分で決めたので、罪悪感はかなり軽減され、心が軽いです。

むしろ、「19時に更新しなきゃ」と思いつつ、ダラダラと休んでいたら、
罪悪感を感じて休むに休めなかったと思います。

 

自分でサボると決めたからこそ、体を思いっきり休めることが出来ました。

 

それでも心が休まらないなら


時間を決めてサボりましょう。

 

心が休まらずにそわそわしてしまうなら、
それは心からやらなくてはいけないと思っていることです。

時間を決めてサボり、サボり終わったらやりましょう。

 

先にも言いましたが、私は自分に「毎日19時にブログを更新する」というルールを課しています。

なので、サボろうにもこの自分に課したルールがあるため、
心がそわそわしてしまい、丸1日サボることはできませんでした。

なので、19時までサボる」と時間制限を付けてサボりました。

19時の更新は出来ませんが、元々の目的は自分に自信をつける事。

そのための手段として、毎日更新という手段を取っています。

19時に投稿するというマイルールは、「家でゆっくりし始める人が増える時間帯」
という理由で設定したものです。

なので、19時に更新できなくても、毎日更新をする事で、本来の目的は達成できます。

 

こうした「目的を考えた柔軟な対応」をすることで、日頃の疲れをゆっくり取ることができました。

そして、19時からこうしてブログを書いています。

 

きっと、「サボりたい」と強く思いながら嫌々ブログを書いていたら、
何のために書いているのかわからない謎の記事が出来ていたと思います。

 

サボりたいならサボろう

この記事で言いたいことはこれです。

 

真面目に働いている社会人が、サボろうと考えている時は大抵、体と心が悲鳴を上げている時です。

 

働くことは「目的」ではなく、生きるための「手段」です。

時には、目的を考えた柔軟な対応も必要となってくるはずです。

 

 

この記事が、あなたの人生を生きやすくするヒントになれたら幸いです。

 

ここまで読んでいただき、ありがとうございます。

ABOUTこの記事をかいた人

はや

埼玉の小さな部屋で暮らすミニマリスト。 モノクロ色が好きです。 当ブログでは、「ミニマリストのライフスタイル」「おすすめ商品・サービスの紹介」「個人で稼ぐ方法」を軸に発信しています。